Fandom


FF12リメイクロゴ

このページではFF12のHDリマスター版である The Zodiac Ageのオリジナルやインターナショナル版との違いをまとめています。
誰でも書き込むことができるので、みなさまの知識を共有してください。

FF12とは?編集

ファイナルファンタジーXII(FF12)はファイナルファンタジーシリーズの12作目に当たるナンバリング作品です。元々は松野泰己氏が主導していたフィナルファンタジーとは別のタイトルとして開発していたそうです。

FF12の特徴編集

リアルタイム・シームレス戦闘
従来のFFとは違い戦闘はリアルタイムで進行するだけでなく、フィールド内を自由に移動できます。敵との距離や位置取りと言った戦略性が重要になります。
ガンビットシステム
上記の様に複雑な戦闘システムの中で3人パーティー全てをコントロールするのは至難の技ですが、そこで登場するのがガンビットシステムです。このシステムはキャラクターの行動を自動化してくれますが、そのルーチンは自分で構築する必要があります。味方が状態異常であれば「エスナ」で回復するなど、便利な自動化が可能です。やり込んだ方の中にはインターナショナル版の隠しボスを自動化だけで倒すといったユーザーも存在します。
ヘイト管理などのMMO要素
キャラクターの行動によっては敵のヘイト値が溜まる仕組みになっています。例えば「ケアル」や「レイズ」を連発している味方は敵のヘイトが蓄積されて、集中攻撃されてしまうといった感じです。タンク役のキャラクターをつくり、敵の攻撃を受け止めるといった戦略も重要となります。
自由な育成
FF12では、ライセンスボードと言った盤上を進めることで、キャラクターにスキルやボーナスステータスを付与することが可能です。これにより自由にユーザーの好みにキャラクターを育てることが可能です。
追記お願いします
追記お願いします

FF12インターナショナル版の特徴編集

ジョブシステム
インターナショナル版より各キャラクターに「ジョブ」を設定する事が可能になりました。このジョブはどのタイミングでも選択する事が可能ですが、変更はできません。このジョブシステムにより、オリジナル版の問題点であった全てのキャラクターが似たり寄ったりになってしまう点が解決されましたが、一部の武器やスキルが使いにくいという難点が発生してしまいました。
新装備の実装
インターナショナル版では強力な隠し武器が実装されました。入手が難しい代わりに絶大な威力を持つゲームバランスを著しく壊してしまうほどの装備として賛否両論となっています。特に一部の隠し武器はゲーム序盤に確実に入手する方法が確立されているため、LVレベルクリアやRTMと言ったゲームプレイのお供になっています。
バランス調整
魔法の効果やスキルだけでなく、その括りも調整されています。例として「リバース」が状態異常扱いでなくなったので、「エスナ」で回復ができなくなりました。これにより、新しく戦略を練る楽しみが増えたといえるでしょう。
ゲストキャラクター・召喚獣の操作が可能に
オリジナル版では不可能だったゲストキャラクターだけでなく、召喚獣までも操作が可能となりました。
追記お願いします
追記お願いします

FF12TZAの特徴編集

ジョブシステムの改修
FF12TZA版ではジョブがキャラクター毎に2つまで選択できるようになりました。これにより、ジョブの組み合わせによる戦略性が向上しています。
HD化
画像や3Dモデルはもちろん、音楽もハイレゾに対応となりました。
楽曲を8曲新規追加
新たに楽曲が追加されました。更にBGMは従来のものと、新しい楽曲を使用したものの切り替えが可能です。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。