Fandom


モルボルはモンスターの一種。
登場作品:FF2FF4FF6FF7FF8FF9FF10FF10-2FF11FF12

概要 編集

顔の殆どを占める巨大な口、その周りに幾本も生えている感覚器官らしき触手、頭から直接生えたような6~7本もの太い根とグロテスクな容姿の巨大肉食植物。
力が強いが、それ以上に恐れられているのはその口から吐く息。この息は凄まじい悪臭を放つ上に強い毒性を持っており浴びた者は様々な体調不良を起こす。

編集

全作共通
臭い息
モルボルの代名詞といえる技。
強烈な悪臭と毒性を持つ息を吹きかけて相手を様々なステータス異常にさせる。

FF8
怪音波
溶解液


FF11
甘い息
催眠効果を持った息を吹きかけて前面の敵を眠らせる。

吸血ムチ
触手を叩きつけてHPを奪って自分のものにする。

くしざし
麻痺性の毒を染み込ませた触手で突いて、ダメージと同時に麻痺状態にさせる。


Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。