Fandom


アルクゥはDS版FF3の主要人物。

人物 編集

15歳前後。辺境の村ウルに住む男の子。ルーネスの幼なじみ。
茶色い髪に緑色の長いコート、四角にバツの字のバックルと黄色のリボンタイが特徴。
元々は孤児で、ルーネスレフィアイングズと共にシドに保護された後、ウルの長老トパパニーナにルーネスと共に預けられ、2人を養父母に育った。
カズスの幽霊話を聞き弱気な自分を変えるために単独で向かい、同地でルーネスと合流、共に旅立つ。

公式イラストでは頭髪がピンク色になっている。 気弱で引っ込み思案な性格で、序章は村の子供たちにいじめられていた。モグネットをある程度利用すると、彼をいじめた子供たちがボムの大群に狙われているのを見て助ける。
外で遊ぶより読書が好きで、博識ぶりは誰もが一目置いている。元々は臆病な人物だったが、冒険に出る事で天真爛漫かつ陽気な男の子へと変わる。
「優しき心」の持ち主である事が判明。[1]

ゲームキャラクターとして 編集

二人目のパーティメンバーとして登場。
ジョブチェンジがあるため、前衛か後衛かの判断はプレイヤーの判断に委ねられる。
オープニングでは黒魔道士。大抵のジョブでは胸元に黄色のリボンがつくことが多い。
赤魔道士の場合、彼のみブーツが他の3人と異なる。

脚注編集

  1. ドーガ、ウネ撃破後のセリフより。
Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。